MENU

ソープランドのはっしゃくさま

CHARACTER

八房

  • 「速水八犬伝」の主人公となった人物です。

    初見は”女の子みたいな青年”というイメージでした。

    お顔に■■■■■■の面影が見えます。

    本人は自己紹介時に「八房」と名乗りますので大概の人は「八房」を■■■■思いがちです。

    天然記念物級のお人好しさが災いし、の興味を惹きます。

    屈託のない笑顔と、■■■■■■■■■■■■■■■のグロテスクさがとてもミスマッチでした。

  • 「八房」という名は■■■■■■■■■唯一の忘れ形見でであると共に、この名が■■■■■■■■、今に至ります。

    名が護法となり■■■■■の侵食を抑えていると考察します。

    皮肉な事に■■■■■■■■生き地獄を味わう。とも言えますが、彼自身はその生き様を由としています。

  • Coming soon

「速水八犬伝」 (著者:速水寧音)より

Hending

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれていますので、
18歳未満の方の閲覧は禁止とさせていただきます。

あなたは18歳以上ですか?